シロアリ防除薬剤処理 TOP>業務内容

注目
株式会社住宅ケンコウ社では、日本シロアリ対策協会認定のシロアリ防除施工士の試験に合格した確かな技術と経験豊富な施工スタッフが、安全で確実な作業を行っています。

シロアリ防除の方法について

シロアリ防除には,建築物の新築時に行う予防処理既存建築物に対して行う処理があります。
新築時に行う処理は、シロアリの被害と腐朽を予防する事を目的とし、既存建築物の処理は、建築物を食害しているシロアリを駆除し今後の蟻害を予防する場合と、蟻害は無いが予防の為に行う場合とがあります。
シロアリ防除処理は、シロアリ対策協会に登録された管理者のもと、認定薬剤を用い、防除施工標準仕様書及び安全管理基準に基づいて、処理を行うようになっています。防除処理には、土壌処理と木部処理があり、その両方を行うことになっており、防除施工標準仕様書では
五年を目途に再施工をするとしています。

土壌処理とは── 土壌処理写真

ヤマトシロアリやイエシロアリは、一般に地中を通 って建物内に侵入してくることが多いので、建物の基礎の内側や束石の周囲、その他シロアリが通 過する恐れのある土壌を薬剤で処理することが、シロアリの侵入を防止する最も効果 的な方法になります。通常は、土壌表面に薬剤を散布し防蟻層を形成します。最近では、防蟻効果 の他に土壌からの水分蒸散防止を目的とした土壌被膜形成工法やシート工法も採用されています。

木部処理とは── 木部処理写真

木部処理は、木材表面に薬剤を噴霧器を用いて吹き付け処理するか、又は刷毛等で塗布する方法と、木材や壁体に穿孔して、薬液を注入する方法があります。新築建物の木部処理は、通常外部に面する部分の地面から1mまでの柱・筋かい・間柱など、又湿式の風呂・トイレ・洗面所・台所等の水回り部分の木材を処理します。また木口,切り欠き,ボルト穴,仕口,接合部,等は特に入念な処理が必要です。