住まいの害虫

一般家庭でよく見かける昆虫を一覧にしてみました。
少しでもお役に立てれば幸いです。
今後もこんな害虫の説明が欲しいなどご希望がありましたら
メールにてご連絡下さいませ。出来る限りご希望に添える様努力致します!!
住宅ケンコウ社香川
ヤケヤスデ マルカメムシ シバンムシアリガタバチ
成体の体長は約20mmで、日本全土の山林や草むら、農耕地などに普通にみられます。腐植土、堆肥、落葉中など腐植質が多く、湿った場所に多く、夏〜秋にかけてしばしば大量発生し、塀などに多数が群がったり、屋内に侵入して不快害虫として問題となります。 成虫の体長は約5mmで、成虫は4〜11月に見られます。成虫で越冬し、越冬場所を求めて10〜11月頃に盛んに飛翔し、屋内に侵入したり、洗濯物に付着したりして問題となります。 成虫の体長は雌が約2mm、雄が約1.5mmで、雌は翅がなく、雄は翅があるものと無いものがいます。タバコシバンムシやジンサンシバンムシの寄生蜂で、海外からの移入種と考えられています。雌は腹端に針をもち人を刺します。
アカイエカ ヒトスジシマカ(雌成虫) ヤマトシミ
成虫の体長は約5.5mmで、北海道から九州に分布します。初夏〜秋にかけて成虫が見られ、主として夜間に人を吸血します。幼虫は下水などのやや汚れた水域のよどみや、緩やかな流れの水域に見られます。 成虫の体長は約4.5mmで、東北地方の中部から南西諸島まで分布しています。関東以南では、昼間、木陰などで吸血するヤブカの代表種です。幼虫は竹の切り株、墓の花立て、雨水升、空き缶、古タイヤに溜まった水などの比較的きれいな小水域に見られます。 成虫の体長は約10mmで、日本全土に分布しています。古書の害虫として知られ、書籍や衣類の糊を食べます。乾燥植物性食品や穀粉などに発生することもあります。
ヒラタキクイムシ ジンサンシバンムシ カツブシチャタテ
成虫の体長は幼虫期の栄養状態で大きく異なり2〜7mmで、日本全土に分布します。幼虫による食害を受けた材の表面には直径1mm程度の小さな孔がみられ、周辺には細かい粉が散らばります。 成虫の体長は約2.5mm、幼虫は約3.5mmで、日本全土に分布しています。きわめて雑食性で、貯蔵穀物や穀粉、菓子、乾果、香辛料、生薬などの害虫として知られています。 成虫の体長は1〜1.5mm程度で、腹節背面に濃褐色の横帯があるのが特徴です。屋内に普通に見られ、戸棚や書籍、畳、乾燥食品類などから見つかります。