動的耐震診断 TOP>業務内容
家を揺らして耐震チェック!!
住宅ケンコウ社香川では、動的耐震性能計測器「DYNAS」を使用し、振動機(起振機)を利用して建物に微弱な振動を与えて、建物の剛性(強度)を推定する、新しい耐震調査機器で木造住宅の耐震判定を行います。
動的耐震診断のしくみ


動的耐震診断とは、小型振動機のゆれを利用して建物(木造2階・3階建て住宅)に小さな地震を起こし、あなたの家がどのくらいの震度まで耐えられるか、具体的に測定するサービスです。
建物を揺らすといっても、人間がようやく感じる震度1程度の微弱な地震なので、 物が倒れたり建物自体を傷つけたりすることのない、
とても安全な調査方法です

動的耐震診断の方法

建物に実際に震度1程度の地震波を与え、建物のゆれを計測します。
データを解析して「震度いくつの地震まで安全か?」を表示するサービスです。


1)計測器の設置
(ウエイトを設置)
2階床面で、建物のほぼ中央(重心)にあたる部分に、振動機(水平起振機)を設置します。そしてゆれを検知するセンサーを2階の部屋の角に配置します。

2) 計測
この建物1 階の変形状況(加速度)を計測することが、動的耐震診断の目的です
振動試験は、角度を変えて縦方向・横方向の2回行います。

3)分析
2階で振動を与えますが、 分析の対象 は建物の1階部分です。
センサーで検知 したゆれのデータをパソコンに送り、分析します。
振動を与えた際の建物の揺れ方で、
硬い建物( = 揺れにくい)か、柔らかい建物( = 揺れやすい)か
が判断出来ます。 また、
揺れを検知するセンサーを各部に配置することで、
どこがどれくらい揺れやすいかが判断出来ます。

4)家の周囲で地盤調査を行います。
振動機を使って地盤に小さな地震波を与えます。
一般に、
軟弱地盤ほど地震時の揺れが大きくなる傾向にあります。
調査地の地盤が軟弱地盤かどうか、想定される地震が起きた場合にどれくらいゆれるかを算出します。

さらに、地盤と建物の相性(共振の可能性)についても診断します。

5)報告書の提出
調査から約2週間で、調査報告書をお送り致します。
震度いくつの地震で、建物のどの部分ががどれくらい変形するか」を分かりやすく報告します。
下記が報告書の一例です。(お客様に分かり易く作成します。)



さまざまな作業環境や特殊な状況に応じたプロならではの技術にご期待くださいませ!!